浅草バレエスタジオ訪問2回目

昨日、友人達とハンブルクバレエを観に行った後、東京文化会館からも割とすぐ近くの浅草バレエスタジオこと、亮君、美和ちゃん家に遊びに行ってきました! 昔俺の作品で共演してたり学生時代やプロになってからも一緒にレッスンしたり舞台に立ってきた4人、ご存知の現役プリンシパル美和ちゃん、浅草バレエスタジオ第1生徒のさくらちゃん、それにハンブルク椿姫のオーケストラでも弾いていたバイオリニスト2名。 飲んで食べて話して遊んで、、スタジオに降りたら、プロのバイオリンの生演奏を聴かせてもらい、、生バイオリンのジゼルに合わせて踊る美和ちゃん! バイオリニスト2人にバイオリンを習う新国立劇場バレエのプリンシパル! と、思ったら、今度はプロのダンサー数人にバレエを習うバイオリニスト2名! わんやわんや?してました。(謎) さてさて、浅草バレエスタジオオープンまであと1週間ちょっとのようです。 2月中に入会だと入会料半額キャンペーン、更に入会してくださった方には浅草バレエスタジオのロゴなどをデザインした素敵なステッカーをプレゼントしてくれるみたいです! 浅草近郊でバレエスタジオをお探しの方、チェック!! http://asakusaballet.com Satsuki

ハンブルクバレエ「椿姫」。

昨日は、ハンブルクバレエの「椿姫」を見てきました! バレエ人 バレエ好きなら知らない人はいないと思いますが、若い子は知らない人もいると思うので軽く紹介?します。 世界には素晴らしい振付家がたくさんいますが、その中でもここ数十年の間で世界のバレエを引率してきた3大振付家と言っても過言でないと思うのは、イリ(ジリ)・キリアンさん、ジョン・ノイマイヤーさん、ウィリアム・フォーサイスさんではないかと個人的には思います。(特にここ10〜20年だと他にも名前をあげたい振付家はいますが割愛) その一人、ノイマイヤーさんが45年芸術監督を務めているのがハンブルクバレエです。 その中でも椿姫は代表作の一つで、大人なストーリーに美しい描写、椿姫の原作に忠実に作られたドラマチックバレエです。 このハンブルクバレエの「椿姫」21年ぐらい前に日本ツアーで来日した時に、当時18か19歳の頃の私「マルグリットの使用人」と「競売での働き手たち」という役で出演した事があるのです。(通常ハンブルクで公演する時などは、ハンブルクバレエ学校の生徒などが演じる役。その時は日本人ダンサーを起用してくれた) だから素敵な作品だということはよく知っていましたが、21年ぶりでしかも客席から見るのは初めてだったのですが、いやーやはり素敵な作品でした。 動きや振付はセミクラな感じで、演出、舞台の使い方、色合い、品の良さ、特に主役のパドドゥでは感情や深層心理がそのまま出て来たような巧みな振付、、 自分が創りたい作風とは方向性は違うのですが、学ぶことが多く、とにかく素晴らしいものを全身で感じてきました。 主役のマルグリット役はコジ

倉本バレエ スタジオ &  
​倉本バレエ アッパースクール

□みなみ野スタジオ
〒192−0916 東京都八王子市みなみ野4−15−19

□片倉台スタジオ
〒192−0914 東京都八王子市片倉町1242−7

​メールは稀に送受信のエラーなどがございます。2〜3日しても返信が来ない場合は、再度送信して頂くか、お電話でお問い合わせ下さい。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
ja.png

(C) 2000-2018 KURAMOTOBALLET ALL RIGHTS RESERVED. ALL CONTENTS ON THIS SITE ARE OWNED BY KURAMOTO BALLET UNLESS OTHERWISE NOTIFIED.